一度きりチャレンジ2 カリンパでLv10

久々にパズドラの記事を書く気がしますが今回は一チャレ10の攻略です。
カリンちゃんでノーコン狙えそうだったのでやってみたら無事ノーコンしたので一応メモ書き程度にどうぞ。

パーティ構成
LF 覚醒カリン
S アンドロメダ オロチ ネプドラ 木スサノオ

攻略に求められるのは次の点になります。
・五右衛門の先制攻撃を何かしらの方法で受けきれること
・メイメイを貫通できること
・ヴィシュヌを倒すためにターン数を稼ぐor耐久できること

個人的にヴィシュヌは毎ターン10%回復、回復消しや大ダメージ攻撃が強烈なので耐久するのはあまり現実的ではないと思います。
幸いにもスキガがないので長い遅延スキルを使用して倒すのが良さそうです。

実際の立ち回りについて解説します。

B1 イース
ご丁寧に水ドロップを作ってくれるのが逆に辛いです。というのも鉄壁を貯めるために7ターンは最低足止めする必要があります。
7*6盤面で落ちコンが起きやすいのと回復が変換される可能性があるため結構大変です。
また、鉄壁を使用した状態でイースを倒さないと詰みだったりLFバインドからの100%攻撃を食らったり意外と曲者です。

B2 五右衛門
正直言ってこいつが実質のボスです。五右衛門抜けたら一発でした。
鉄壁を使用した状態で先制を受け、メダちゃんで回復しながら30%にして大花火を受けるのが一番確実な方法です。
ただ、初クリアした時は半分しか削れなくてバインドを受けました。鉄壁の残りターンが長ければ意外となんとかなるのでなんとか食らいつきたいところ。

B3 ピィ
火光だらけだとかなりきついですがぶっちゃけ運です。祈れ。

B4 メイメイ
ネプドラで毒殺します。特に書くこともないかと

B5 ヴィシュヌ
初手でオロチを使って5ターン+暗闇攻撃分の1ターンの計6ターンで倒しきります。
ダメージ吸収がありますが半減属性なのであってないようなもんです。
陣2発とメダちゃんの変換で倒す必要がありますが陣が外れるとかなり辛いです。2列組める時は絶対に組みましょう。

やはりイースのスキル溜めと五右衛門が非常にきついです。ここさえ抜ければノーコンの可能性がありますがヴィシュヌで運悪く陣が外れると・・・一発で打開できて良かった。
スポンサーサイト

ヌトパ考察その3

広告出てるのでとりあえず更新します。

最近のヌトパはこのような感じで運用しています。
LF ヌト
S アンドロメダ ウミサチヤマサチ 闇カリン ミューズ


2wayを主軸として泥強で火力アップを図っています。エンハ枠にはミューズを採用し、高火力で押し切れます。
全員297だと非常に安定感が出るパーティだと思います。

サブ解説
アンドロメダ
ダブル変換枠。地味に操作延長がありがたい。とにかく回復を生成してくれるのが非常に強いです。
水でステ覚醒が優秀な防御態勢枠はあまりいないので選択肢は自然と限られてきます。
本来ならばスクルドを入れたいのですが・・・。

ウミサチヤマサチ
スキルと覚醒が非常に優秀です。しかしスキルは火→水でメダちゃんと被っているので使用頻度は低め。
回復→水だったらかなり最高だったのですが・・・。

闇カリン
ステ覚醒スキル全て優秀です。ただでさえ高いHPを更に高くしてくれます。
基本はヌトの変換を組み合わせるのが基本です。

ミューズ
エンハ枠。覚醒もこのパーティだと非常に相性が良いです。
こいつもHPが高いので倍率ドンで素晴らしい耐久力に。

これで全員297でだとHPが47000弱、回復力が7500くらいになります。
基本運用としては殴り合いをしつつ、軽い火力が欲しい時にヌトやウミヤマで、
高火力が欲しい時はカリンヌトミューズで押し切ります。
きちんと4個消しをすればヌトやウミヤマだけの変換でも火力が出るので火力不足を感じることはあまりないです。
むしろ回復欠損に慎重になる必要があります。いくらHPが高いとはいえ、回復欠損は非常にまずいです。
危なくなったらメダちゃんのスキルをケチらずに使用することが大事です。

ヌトパ考察その2

今月に入ってから運用を初めて見たので再び考察。

基礎知識
基本は神染めか体力染めになると思います。ここではヌト同士で神染めで組むこととします。
ヌト同士で組むとHPと回復の倍率は約1.8倍(厳密には1.35*1.35=1.8225)となります。
攻撃面は5コンボで9倍となり、火力が若干低めです。そのため、泥強2wayで補います。
また、バインドに対して非常に弱いので対策をする必要があります。

プラスについて
LSでHPと回復に補正がかかるスキルはプラス値がかなり重要になります。
HP+99で990、回復+99で297となりますがLSがかかるとHP1804、回復541となります。
全てのモンスターにプラスが振ってあるとHP10824回復3246と無視できないレベルでHPと回復が増えます。
ヌトパに限らず、新エジプトや時女神をリーダーにしたパーティを組む場合はプラス値を特に重視するべきです。

覚醒について
先述で挙げた通り、火力不足を克服するために泥強と2wayが大事になります。
基本的に殴り合いになるため、スキブはあると便利かな程度。そもそもヌトパに重いスキル入れるを事自体ほとんどないので・・・。
泥強と2wayを両立させてる例としてはウミヤマはかなり優秀です。ヌトパを組む上で必須級です。

変換について
ヌトが4ターン変換を持っているので陣や防御態勢などを重視して入れるべきです。
耐久をする上で最大の敵は回復欠損なので、防御態勢があると比較的安定させることができます。
しかし、水の防御態勢組はステータス覚醒共にイマイチだったりします。覚醒が優秀でHP回復が高め、バインド回復もできる白雪姫は地味に優秀です。スキル上げが若干面倒くさいですが・・・。
攻守どちらにも備えるならばアンドロメダやスクルドが良いでしょう。特にスクルドは覚醒も相性が良いので超絶オススメです(すごく欲しい・・・)。

補助枠について
エンハを採用する場合、倍率は最低でも2倍は欲しいです。神染めをする場合、エンハ枠はミューズ一択です。体力染めならアクアマン辺りでしょうか。
泥強の場合は少し重いですがイースが覚醒込みで優秀です。
後はバインド対策が重要になります。先述の白雪姫や水メタ、神バインド対象外のバギィネコが候補になると思います(バギィネコ欲しいからMHコラボ復刻を・・・)。
遅延スキル系はほぼ使わないですが、使用する場合はオロチになるでしょう。スキルが重いので使いどころがかなり限られますが・・・。

以上の点を考えて、パーティを組む場合、各モンスターの優先度はおおよそこれくらいだと思います。

必須(これがいないと成立しないレベル)
ウミサチヤマサチ

ほぼ必須(ほぼ代替不可)
ミューズ

可能ならば欲しい(代替が少ない)
水ヴァル、闇カリン、スクルド、アンドロメダ

できれば欲しい(代替候補)
局、ヘルメス、青ソニア、バギィネコ

いると便利(妥協案、ピンポイントでの起用)
スターリング、パウリナ、イース、イズイズ
白雪姫、水メタ

ほとんど使わない(最終妥協案)
オロチ、カムイ、ジークフリート、ミズガルズ

ウミヤマは間違いなく必須です。エンハ枠にミューズもほぼ必須。
陣枠に闇カリンとスクルド、攻撃と回復が両立できるスクルドの方が優先度高め。
アンドロメダは覚醒の相性が良くないですが、攻撃と回復が両立できるのでこの位置。水ヴァルも2way持ちの軽変換と優秀です。
局は回復を消さない軽変換で優秀ですが、神タイプじゃないのが痛い。ヘルメスも優秀ですがどちらかと言えば陣の方を優先したいところ。
青ソニアの2色陣はヌトを使うとドロップの数が調整できますがターンが重めです。また、3色陣の方が4個消しのコンボが組みやすいと思います。
バギィネコは是非持っておきたい性能です(速くMHコラボ復刻を!)。神バインド対象外なのも評価点。
スターリングはウミヤマの代替、パウリナ・イース・イズイズはミューズの代替。イズイズはエンハ倍率が低いのでこの位置。
白雪姫、水メタはバインド対策要員。バギィネコはもっと上げてもいいかもしれない。一番下4体は最終手段で入れる枠です。

もちろん、今後キャラ評価が代わることがありますが、僕の中の現状の位置づけはこんな感じです。
あくまで僕の中での現状の位置づけなのでこれが全てではありません。参考程度にしといてください。

降臨ダンジョン攻略状況

パーティ名が書いていない場合はカリンちゃんでノーコン済みです。

超地獄級
ゼウス
五右衛門
イース
サタン
ディオス
ウルズ
アテナ
タケミナカタ
ツインリット
トライフルーツ(サタン)
ベルゼブブ
イザナミ(メダ)
サンダルフォン
ソエル
ワダツミ
ヴァルカン
ベオーク(呂布ソニア)
ノア(サクヤ)
トトソティス
メフィスト
カネツグ(ウミヤマ)
マーキュリー
コシュまる
趙雲(メダ)
グリモワール
メジェドラ

絶地獄級
ゴッドラッシュ(ヌト)
ヘララッシュ(ブブソニ)
デビルラッシュ(ネプチューン)
ドラゴンラッシュ(ネプチューン)

ヌトパでワダツミ降臨

割りと安定できるパーティができました。

LF ヌト
S ミューズ 水ヴァル 闇カリン アンドロメダ

覚醒がないので火力が少し出しにくくなっていることに注意。
ミューズはエンハ役、副属性が木なので一番左端に置く。一応イズイズでも代用が効くけど覚醒がないので1.5倍エンハだと火力が出しにくい。イズイズの場合吸収を気にしなくて良い。
軽変換に水ヴァルを採用。局でも良い。LFが軽変換なのでヘルメスでも良い。普段スタメンのウミヤマはこのダンジョンには向かない。
アンドロメダは万が一の回復ドロップ要因。防御態勢組はステが若干低いのでイマイチ。
闇カリンはスクルドでも代用が効くが副属性が木なので悩みどころ。

オール297だとHPが46411。セイレーンの最発狂は耐えれないがワダツミの発狂は耐えられる。水ヴァルをHP高めのモンスターに変えれば一応耐えれるようになる。LFで軽変換が2体いるので問題なさそうだがそこまでする意味があるのか微妙。
ちなみにワダツミの発狂攻撃は45612、セイレーンの最発狂攻撃は46552。

B1 中忍・オーガ・ゴブリン
倒す優先度はゴブリン>中忍≧オーガ。ここでせめてヌトまでは溜めておきたい。

B2 リヴァイアサン
変換を使って倒す。ここに限らず、どのモンスターも意外とタフなので遠慮せずにどんどん使うべき。

B3 ねねこ・鳥
適当にあしらう。

B4 ウミヤマ
ミューズの副属性のせいでちょっと面倒だが攻撃力はカリンの方が高いので割りとどうにでもなる。
HPがかなり高くなってるおかげで耐久は割とやりやすいはず。どうしても回復できない場合はアンドロメダの変換を使う。
倒しに行く場合はミューズのエンハを使用して倒す。変にエンハケチると削りきれなくて死ねます。

B5 セイレーン
リヴァイアサンと同様、意外とタフなので変換をどんどん使用して倒す。

B6 ワダツミ
99%死ぬことはない。落ちコン事故って発狂ラインに到達してもHP満タンの場合は1発耐えれるから割りと安心できる。
安全に行きたい場合はミューズが溜まるのを待ちましょう。

覚醒がないせいで変換なしだと火力出すのが結構大変なので変換はケチらずに使いましょう。